[2DX曲review]

Triple Counter / 2017-12-19 (火)

切なさの中にも楽しさや喜びをいっぱい詰め込んだことが感じられるとともに、
コード進行、メロディライン、曲の展開、あらゆる面において高レベルでまとまっており最高の楽曲と言える。
聞くと優しい気持ちになれる。

切ないイントロから始まりすぐに明るくはなるが、
散りばめられているマイナーコードが切なさを完全に払拭はせず曲が進行する。
音色はいわゆるシンセ音のみで構成されているが、Bメロ前とエンディングでのみ使われるピアノ風の音がまた
最高に気分を盛り上げる役割を果たしている。

BAD ENDである地獄超特急に対して、まさにCopulaのHAPPY ENDを飾ったと言うにふさわしい曲。